交通事故治療の流れ

交通事故に遭ってしまったら

自動車を停車

交通事故治療,むち打ち治療,札幌

自動車を停車させて、事故現場の状況を確認しましょう。
特に頭部にケガをした場合はむやみに動かないようにしましょう。
必要であれば救急車を呼びましょう。

危険防止処置を行う

二重事故を防ぐために道路上の危険物などのできるだけ撤去をします。
後続車の車が事故に巻き込まれないように配慮しましょう。

 

警察に報告

警察へ交通事故の報告をしましょう。

交通事故治療,むち打ち治療,札幌


警察に報告することで事故証明書が発行されます。交通事故の賠償には、事故証明書が必要になりますので、
当事者同士での示談交渉は決して行わないようにしましょう。

 

加害者とその車の確認

今後の賠償を請求する相手を特定しなくてはなりません。
具体的には以下の点を確認するといいでしょう。

 

  • 免許証で確認
  • 加害者の氏名、住所、本籍、電話番号も聞いておきましょう。
  • 名刺で確認で確認
  • 勤務先の名称、連絡先
  • 加害車両のナンバーを確認
  • 自賠責保険証と任意保険証で確認
  • 保険会社名、証明書番号

 

事故現場の状況を確認

交通事故治療,むち打ち治療,札幌

交通事故にあった場合、破損した車両の状況、道路の危険の有無など現場の状況を確認する必要があります。
交通事故の場合、双方の過失の割合が問題となる場合が多いので、被害者自身も現場の状況証拠を残して置くようにしましょう。
携帯のカメラ機能などを使い、以下の点の写真を撮っておくといいでしょう。

 

  • 車の破損状況
  • 道路の標識、見通し情況、スリップ痕
  • 車両の位置関係
  • 自賠責保険証と任意保険証で確認

 

 

また、事故現場で目撃者がいる場合には、目撃者の住所、氏名を聞くとともに、目撃内容についても確認しておくとよいでしょう。

 

あなたの加入している保険会社への連絡

賠償請求は、相手の保険会社にしますが、今後の対応についても説明してくれますので相談するといいと思います。

 

医療機関の受診

交通事故治療,むち打ち治,療札幌

事故直後は気が動転して症状は無くても、その後に症状が現れることもあるので、まずはしっかり病院などで検査を受けましょう。
必ず気になる症状が少しでもあれば、しっかり医師に伝えましょう。
後で症状が強くなって、治療を受けたくても交通事故から時間が経っていると交通事故との因果関係を立証するのが難しくなり、治療ができなくこともあります。

 

診断書を警察に提出

病院で出してもらった診断書を警察に提出し、人身事故扱いにしてもらいましょう。
交通事故の治療を受けるには、人身事故扱いにすることが原則です。

 

ホール治療院へ通院

交通事故治療,むち打ち治療,札幌

相手の保険会社の担当者に連絡をして、ホール治療院に通うことを伝えます。
治療院の名前(ホール治療院)
電話番号(011−233−0224)
などを伝えると、保険会社の担当者から治療院へ連絡がきて治療が始められます。

 

 

被害者となった場合、相手から「示談にしましょう」と相談される場合があります。
事故現場で念書やサインなどをしてしまうと後々保険会社が対応できないこともありますので、当人同士の示談は避けましょう。

交通事故治療,むち打ち治療,札幌