札幌交通事故治療>札幌中央区ホール治療院|通院慰謝料

慰謝料について

自賠責保険利用で患者様の窓口負担が0円

 

交通事故による治療のほとんどのケースでは、相手が加入している自動車保険を利用して治療を行います。(一括払い制度)
その場合 治療費は、治療院が後日、保険会社に直接請求しますので、窓口での支払いは"0円"になります。
その為、治療費用を気にすることなく治療に専念することができます。

交通事故の補償内容

治療費

応急手当費、診察料、入院料、投薬料、手術料・処置料等、通院費、転院費、入院費etc...
※接骨院での治療もここに含まれます。

交通費

通院に際しての交通費も支払われます。タクシーや駐車場代などの領収書は大切に保管して下さい。
(公共交通機関かタクシー、有料駐車場、自家用車のガソリン代etc...)

休業損害費

自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。
また、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に支払われます。

  1. 給与所得者
  2. 過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
    >事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数

     

  3. パート・アルバイト・日雇い労働者
  4. 日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します)

     

  5. 事業所得者
  6. 事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。

     

  7. 家事従事者
    1. 家事ができない場合は、>収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。

慰謝料

慰謝料とは、事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事で、自賠責保険基準では1日4,200円が支払われます。
慰謝料の対象になる日数は、「治療期間」と「実治療日数」によって決定されます。

  1. 治療期間
  2. 治療開始日から治療終了日までの日数

     

  3. 実治療日数
  4. 実際に治療を行った日数
    「実治療日数」×2 と「治療期間」で少ない方の数字に4,200円をかければ慰謝料が算定されます。
    (上記、「実治療日数」×2とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が算定されるのは、病院に通院した場合と整骨院(接骨院)に通院した場合のみです。鍼灸院やマッサージ院では、実治療日数のみで×2はされません。)

計算例1

計算例1  @実通院日 30間 A治療期間 3ヶ月(90日間)
@ 実治療日数 30日
   実治療日数 30日を2倍にします。 30日×2= 60日

 

A 治療期間は90日となります。

 

@ と A を比較すると @の60日の方が少ない日数になるので、これに4,200円を掛けます。
60日×4,200円= 252,000円
252,000円が慰謝料となります。

計算例2

計算例2  @実通院日 50間 A治療期間 3ヶ月(90日間)
@ 実治療日数 50日
   実治療日数 50日を2倍にします。 50日×2= 100日

 

A 治療期間は90日となります。

 

@ と A を比較すると Aの90日の方が少ない日数になるので、これに4,200円を掛けます。
90日×4,200円= 378,000円
378,000円が慰謝料となります。

交通事故治療,むち打ち治療,札幌